真空洗浄機

真空洗浄機の概要

目的

  • 単尺リードフレーム材の洗浄
  • プレス部品の洗浄乾燥
  • ラップ研磨後の洗浄乾燥
  • 熱処理前の洗浄乾燥
  • 塗装前の洗浄乾燥
  • フラックス及び樹脂の除去

特徴

  1. 真空引きすることで、袋穴などにたまった空気が抜け、洗浄剤が入り込み、高い洗浄性を発揮する。
  2. 真空中で脱気後、超音波を併用すると、キャビテーションが強力になり洗浄効果が高まる。
  3. 単尺リードフレーム材のように0.15t厚で、油が付着し、材同士がくっついている状態でも、真空後に超音波・揺動・真空のフラッシュ効果により、短時間で完全な洗浄ができる。
  4. 乾燥前に、蒸気による仕上げ洗浄を行い、その後、一挙に高真空にすると、突沸現象を伴い、超高速乾燥が可能。
  5. 多段式真空蒸留再生機を内蔵しているため、溶解した油を連続的に再生し、常に新液を循環している。
  6. 真空中で全行程を行うため、クローズド化構造であり、排気も回収再生し、廃液も煮詰め後、濃縮して取り出すためランニングコストは従来のエタン、トリクレン、塩化メチレンの1/5~1/10に押さえることができる。
  7. 安全対策として、オイルバン、安増機器、間接加熱、エアバージ、インターロック、防火ダンパー、エア及び電源の自動遮断、自動消火システムといった安全機器を装備。
  8. 排気はリサイクルしているため、常時35℃以下で排風している。
  9. 弊社に実証テスト機があり、いつでもテストが可能。

行程概略図

(3槽式真空洗浄機)

行程概略図 (3槽式真空洗浄機)

基本装置

全自動2槽式(1型)

全自動2槽式真空洗浄機

仕様(全自動2槽式真空洗浄機)

ワーク重量 40kg
バスケット寸法 角バスケット:300×200×150Hmm
洗浄工程 真空浸漬超音波洗浄+揺動

真空仕上洗浄+真空乾燥
一次側ユーティリティ 電源:φ3 200V 約21kW
エア:4~6kg/㎥
冷却水:50ℓ/min
排気:5㎥/min

洗浄前後の残留油分分析結果

【金属部品】

試料名 ノルマルヘキサン
抽出物質(mg/2本)
真空洗浄360秒 0.1以下
真空洗浄180秒 0.1以下
真空洗浄180秒
(下段)
0.1以下
真空洗浄180秒
(上段)
0.1以下
真空洗浄90秒 0.1以下
トリクレン洗浄後 1.1
洗浄前 45.0

測定法:JIS K 0102 24
ノルマルヘキサン抽出・重量法

【単尺リードフレーム材】

ワーク 残留油分
(mg/ℓ)
残留SO4
(μg/ℓ)
残留油分Cl
(μg/ℓ)
塩化メチレン時
の残留油分
洗浄前
(1バスケットあたり)
リードフレーム材 No.3 0.2 1.05 2.25 0.3
リードフレーム材 No.4 0.2 1.11 2.17 0.3
リードフレーム材 No.5 0.2 1.13 1.38 0.3
リードフレーム材 No.6 0.3 0.35 1.28
リードフレーム材 No.7 0.3 0.44 1.38
リードフレーム材 No.8 0.3 1.01 1.54 0.24
リードフレーム材 No.9 0.3 3.50 2.37 0.6 6900mg
リードフレーム材 No.10 0.5 1.23 2.02 0.6 6900mg
単位:残留油分=mg/10フレーム SO4, Cl=μg/1フレーム
分析方法:赤外線吸収法(残留油分) イオンクロマトグラフ法(SO4・Cl)

真空洗浄機の装置仕様

 

仕様/型式 1型 2型 3型 4型
ワーク重量(kg) 20 30 40 60
バスケット寸法(mm) 角バスケット 300×200×150H 400×300×300H 600×400×300H 700×500×400H
丸バスケット 200φ×300L 300φ×400L 400φ×600L 500φ×700L
一次側ユーティリティ 電源(kW) 30 45 50 70
エア(4~6kg/㎥) 600ℓ/min 600ℓ/min 800ℓ/min 600ℓ/min
冷却水(ℓ/min) 70 100 120 180
排気(㎥/min) 10 10 10 15

真空洗浄機一覧(写真は抜粋)

 

真空洗浄機機器一覧
真空洗浄機機器一覧

工業用洗浄機・洗浄薬品の専門メーカー | 製造・販売・選定・品質管理・メンテナンスまでをトータルサポート

株式会社アクアテック

【住所】〒811-4311 福岡県遠賀郡遠賀町老良485番地12号 TEL:093-291-5231 FAX::093-291-5230 E-mail:aqaaqa-t.co.jp